石膏型をとる準備をします。型は前後で二つ割りにします。
先ずは粘土の中心に切金を差していきます。
切金は綺麗に入れないとガラスに跡が残るので慎重に作業します。

それと空気穴用の爪楊枝を忘れずに刺します。
型の凹凸部分に空気が溜まるとガラスが隅々まで流れてくれません。
細部までガラスが流れるように石膏型に空気の逃げ道をつくります。
空気穴を沢山つけると石膏どりが大変だし、ガラスになった時の後処理にも時間がかかるので
必要最小限を見極めます。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2019.09.22

    お皿作り体験
PAGE TOP