吉岡徳仁氏のクリスタライズ展を見てきました。会場には霧のようなスモーク。2,3年前に東京都現代美術館で見たものより小規模でしたが、毎回ガラスづかいのうまさというか、ガラスの特性を生かしていて感心しきり。数歩進むとスモークはガラスの反射の軌跡を見せるためだと判明。さすが!

2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 2019.03.22

    ガラス窯入れ
PAGE TOP