201108273.jpg
1、板になる3枚の透明ガラスの4箇所にそれぞれビス穴を開ける。
2、あらかじめ切り出した孫悟空の金箔・キントウンの銀箔を挟む。
おしりには予め作っておいたピンクのハートを乗せる。
3、雲の上に乗せるモコモコテクスチャーのガラスカット。型紙を貼った状態。
4、切り出した状態。
5、それを雲の上に乗せる。このほうが更に雲の雰囲気が出てgood!
6、あらかじめ大きめに作っておいた虹のパーツのはみ出した部分をカット。
7、見た目では分からないですが虹の裏側が微妙にフラットでは無い。
8、#800でフラットにする。焼成する際にフラットが出ていた方が上手く溶着する
可能性が高いので手間は惜しまない。
9、虹にもビス穴を開ける。失敗を避ける為まばたきもせず慎重に。
10、これでガラスのカット作業は終了。
11、最後にバーナーで細いガラスを曲げて孫悟空の頭に乗せる。
12、ここまで完璧に終わり、いよいよ窯入れへ。

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. ガラス教室
  2. フュージング教室
  3. ガラス教室
  4. ガラスフュージング
  5. フュージングガラス教室
PAGE TOP