Loading

otei1.jpg
今日粘土が届いたので早速、色見本のテストピースづくりに取り掛かる。
先日お打ち合わせをさせていただいたキャストパネル、色のイメージは沖縄の海。
ただの海色ではなく
海底からまばゆい太陽の光を仰ぎ見た時のブルーの綺麗なグラデーション
今回は何と言っても色のグラデーションが表現のメイン!
青系の微妙な色のグラデを作るには一発勝負ではさすがに出来ない。
実際の厚み30mmの塊で石膏取りし、テストピースを焼成。
実際の色のでかたを確認しながら本番に使用する色見を検討する。
テストするのは青系7色。どんな組み合わせがベストなのか?
より良い作品を作る為にテストピースは欠かせません。
来週ガラス材料が届くのでこの結果はまた後日。
①使用するのは油土。石膏離れがよく水粘土と違い、表面がきれいに仕上がる。
②4つの塊を作る。ガラスは厚みによって色見が変わる為、実寸の30mm厚にするのがポイント。
③ダンボールをカットし石膏を流す為の壁を作る。ダンボールは石膏の水分を吸収するのでアクリル板より使い易い。隙間ができないようにガムテープでしっかり押さえる。
④最初に水を入れ、ひたひたになるくらいの量の耐火石膏をゆっくり投入。空気を抜きながらよく撹拌する。
⑤石膏を流し終わった状態。このまま翌日まで寝かせる。石膏が乾いてから粘土原型を抜いて石膏型をきれいに洗って乾燥させる。自然乾燥がベストだが、完全に乾燥するには1ヶ月ほどかかるので割愛。電気炉の中で強制的に乾燥させる。
2010年3月13日(土)
各務ガラス工房 手作りガラス・ガラスキャスティング・フュージング室内パネル

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. インテリアミラー

    2017.06.18

    可愛いミラー
  2. 2017.05.31

    6月の教室
  3. 2017.05.24

    夏らしい食器
PAGE TOP