20111025.jpg
石膏型の修正作業が終わり、ガラスの充填まで進みました。
粘土原型では出来ない細かな部分をペーパーや道具を使って滑らかにしたり、凹凸を出したりというのが石膏修正のポイント。使用するガラスをきれいに洗って水気を取るのが手間ですが、これも大事な作業。ガラス量は体積×ガラスの比重2.5~2.6。今回は15.5×15.5×3×2.6=1874g。斑に色が入るように大きめのカレットをランダムに詰めました。使用した色はシーグリーン・アクア・ピーコックグリーン・ミントの4色。イメージ通りに色が出るかしら。。。あとは焼成待ちです。

2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 2019.03.22

    ガラス窯入れ
PAGE TOP