ガラスのラグビーボールが出来る迄の製作工程をご紹介します。
ボールはW杯公式ラグビーボールと同じサイズで製作しています。

その1
「キャスト」と言うガラス鋳造の技法で製作しました。粘土原型を耐火石膏で型取りし、電気炉で焼成。粘土で作ったものがそのままガラスになります。
ボール内に御神体を入れる為、開閉できるよう、まず蓋になる部分を粘土で作ります。
白い部分は「ナカゴ」と言って最終的には空洞になります。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 熊谷ラグビー神社
  2. ガラス体験
  3. 各務ガラス教室

    2020.08.20

    Mさんの作品
  4. 各務ガラス教室
  5. ガラスの皿
PAGE TOP