ガラスを詰めていきます。「阿」には2800g「吽」には2850g投入しました。
ガラス量は粘土原型から算出しますが、少し多めに投入します。
使用するガラスは大中小のサイズになるようハンマーで砕いて作ります。
型の底の方には凹凸に流れやすいように細かいガラスを入れ、上には大きめのガラスを入れます。
これで準備完了。いよいよ焼成していきます。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

  1. 熊谷ラグビー神社
  2. ガラス体験
  3. 各務ガラス教室

    2020.08.20

    Mさんの作品
PAGE TOP