ご自宅の窓ガラスを取り替えたので、「思い出の詰まった古いガラスを新たなカタチにして残したい。」と言うご依頼を受け、しばらく小さなガラスの箱を作っていました。奥の丸窓にはまっていたガラスが手前の箱になりました。中にボトルを入れて花器として使うそうです。この小さな箱が予想以上に難しく、職人泣かせ!5面体の板ガラスをピッタリ同じサイズ、しかも全ての辺を直角に削らないと箱になりません。苦労しましたが、夏向きの涼しげな箱に生まれ変わり、お納めした際には大変喜んでいただきました。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. 2019.10.21

    塩田千春展
PAGE TOP