牡蠣の殻入れがようやく完成しました。熊谷市のレストラン「ヴォルフィー」さんからのご注文です。「牡蠣の殻を入れる専用の器を探しているけど丁度よいものが無くて。オリジナルのものを作って欲しい。」というご依頼でした。デザインに悩みましたが「海」のイメージで作って見ました。
こちらはうっすらと淡い水色に銀箔の帯をいれました。キラキラと光る水面を銀箔と小さな色ガラスで。そこに透明のビットを付けています。
20111205-1.jpg
牡蠣の殻にガラスの影が落ちて綺麗でした。透明に近いので中身が見えます。このパターンを5個。
20111205-4.jpg
こちらは濃いブルーを波のゆらぎのように入れました。基本的に有機的なイメージです。そこに透明のビットを縦長に付けたり、点で付けたり。
20111205-3.jpg
20111205-2.jpg
近くで見るとこんな感じに。銀箔を三角に切って入れました。カキ殻のイメージです。このパターンを5個。近日納品します。サイズ:H150~165mm 技法:吹きガラス

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. ガラス体験
  2. 各務ガラス教室

    2020.08.20

    Mさんの作品
  3. 各務ガラス教室
  4. ガラスの皿
PAGE TOP