熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

もくもくと作業を進め、やっとF-15が形になりつつあります。細かなパーツの凹凸を削りながら合わせていくので時間がかかります。凸辺の削りは何とかいけますが、凹の削りが困難極まりない!そして立体感を出すためエンジン部分とコックピットを立体的に削り出しています。きっとガラスをやっている人なら「ここまでやる??」と思われるかもしれないですね笑

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(5)