「モネの睡蓮」ガラスオブジェ

ガラス教室、Iさんのキャスト作品が焼き上がりました。

石膏を割り出すまでは、中でガラスがどうなているのか?誰にもわかりません。

ドキドキしながら石膏割り出しを見守ります。

すると、こんなに素敵なガラス作品に仕上がっていました♪

なんだかモネの「睡蓮」を連想しませんか?

透明感が美しい蓮の作品です。

これから研磨加工に入ります。

ミルフィオリ体験

今日は可愛らしい女の子のお子さんがガラス体験へ。

洋服も髪型もペアルック♫

脇目もふらず、ガラスパーツを選ぶ姿は真剣そのもの。

お姉ちゃんが優しくアドバイスすると、素直に受け入れる妹ちゃん。

ほほえましい春の午後でした。

オーダーメイドガラス表札

ファンスタイル一級建築士事務所様からのオーダー表札です。建築士事務所のHPをご覧いただくと分かる通り、モチーフは街並みをイメージしたもの。全体的に明るい印象の色ガラスを組合せて、とのご希望でした。

ちなみに、左端のグリーン屋根のおうちは設計士さんのご自宅を見立てたもの。本日初めてご自宅へ伺いましたが、いたる所にお洒落エッセンスが!

暖炉用の薪が積まれた庭先には季節ごとに咲く木々。

玄関内にはタイル張りのワンコ専用スペース。

表札はご自身が手書きしたという、なぐり書きのようなロートアイアンetc…

こんなおうちに住みたいなぁ!

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(6)

いよいよF-4EJ改のパーツが出揃いました。

黄色の上の星のマークや黒い部分は焼成時に失敗しないよう、あらかじめ個別に焼き付けました。

どうずれば板ガラスで立体的に見せられるか?

試行錯誤し続けました。

これからF15のパーツ製作もラストスパート。

頑張らなくっちゃ!

街おこしワークショップ2

先日開催したワークショップの作品が焼き上がりました。

お子さんらしい、まっすぐな作品の数々。

どれを見ても素晴らしい!

こちらの「モササウルス」は白亜紀に生息していた恐竜の一種だそう。

耳を傾けながら思わずホッコリ。

つたない言葉ながらも熱く語ってくれました。

親子ガラス体験

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

幼稚園の可愛いお嬢さんとお母様がガラス体験へお越しくださいました。

「家族の顔シリーズ」がとてもキュート!

1時間でこんなに素敵な手作りガラス作品が完成しました!

窓辺に飾るとガラスがきれいに見えますよ♪またお気軽に遊びにいらしてください^^

街起しワークショップat各務ガラス工房

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

地元の熊谷市にて、若手建築家さん達を中心とした街づくりワークショップに参加しています。今回は手づくりガラスパネルをはめた「可動式テーブル」作りに挑戦!そこで本日は、そのガラスパネルを作ろう♪とお子さんメインに16名でガラス体験WSを開催しました。古代生物やサーフボードなど個性豊かなガラス作品が出来上がりました♪明日から窯入れしますので、焼成後をどうぞお楽しみに(*^^*)

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(5)

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

もくもくと作業を進め、やっとF-15が形になりつつあります。細かなパーツの凹凸を削りながら合わせていくので時間がかかります。凸辺の削りは何とかいけますが、凹の削りが困難極まりない!そして立体感を出すためエンジン部分とコックピットを立体的に削り出しています。きっとガラスをやっている人なら「ここまでやる??」と思われるかもしれないですね笑

ガラスで作るロータスのお皿

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

Iさんのキャスト作品もいよいよ大詰め。今日は耐火石膏に色ガラスを投入しました。蓮の花の部分はピンク色、葉っぱの部分は苔色と水浅葱色の2色を使用。三徳ガラスのピンク色はとても綺麗に発色するので、きっと綺麗なガラスの蓮の花が咲くだろうな♪と今から楽しみにしています。

オブジェのようなガラスのお皿

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

〜ガラス教室作品のご紹介〜
Yさんのガラスキャストのお皿が完成しました。波紋のような模様の奥に淡いブルーと紫色がほんのりと。こちらの作品は粘土で原型を作り、石工型をとってガラスを詰めて電気炉で焼成して作るキャストという技法で製作しています。波紋部分は透明になるまで磨きました。ずっしりとした重厚感のある、手作りならではの素敵なお皿です♪

福西毅さんのガラス作品

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

日本橋高島屋にて開催されている、ガラス作家福西毅さんの展覧会へ行ってきました。福西さんはガラス学校の先輩で、ブローピースとキルンワークを掛け合わせた難易度の高い作品作りをされています。繊細な作品の数々に圧倒されました!
今年はあと2回展覧会をやるそうです。福西さんのHPはこちらをご覧ください。

ミルフィオリ体験

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

埼玉県立川越特別支援学校たかしな分校3年生のガラス作品です。先日ミルフィオリ体験にお越しくださいました。
ピンクや白のキュートなもの、イニシャルの入ったもの、みんな違ってみんないい♪( ´▽`)コロンとして可愛い作品に焼き上がりました。
ちょっぴりいびつな形も手作りの味です。卒業記念にストラップに仕立てました。身につけて使ってもらえるといいなと思います♪
ガラス工房ではコロナ対策を万全にして体験を開催しています。お気軽にお出かけください。

嬉しいプレゼント

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

本日、埼玉県立川越特別支援学校たなしな分校の3年生の皆さんが、ガラス体験へお越しくださいました。早速皆さんの作った作品を窯入れしています。

なんと体験のお礼に、生徒さんが製作した「木製のフック」「手縫いのティッシュ入れ」「木製の携帯スタンド」をいただきました。手作りの温もりを感じる素敵な作品です♪本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。

ダリアの花入れ完成

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

Mさんの作品が完成しました。ご自宅で作品を飾った様子を撮影していただきました。
まるで北欧のオシャレなインテリアのよう!

ダリアの花の色が濃い赤・薄い赤・チラッと緑や青が見え隠れ。とても美しくガラスらしい素敵な作品に仕上がりました♪

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(4)

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

戦闘機のガラス表札。小さなパーツは機械で削る時に飛んでいってしまったり熱で欠けてしまったり。これ、ガラスアルアルです(苦笑)失敗しながらも着々と進んでいます。板ガラスを積層して作るので、全体がチョットぎこちないなぁ。なのでF15戦闘機のエンジンを立体的にしてみたらどうか?と3mmのガラスをできる限り削り出してみました。ガラスを削ると白く曇るので、これからピカピカに磨きます。

ガラス教室

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

Yさんは色ガラスのレイヤーパーツを組み合わせたお皿を製作中です。最初に黄色x茶色の2cm厚の立方体のガラスバーを作り、それをスライスします。スライスする作業にかなりの時間がかかります。Yさん、完成までもう一息です!頑張って行きましょう〜♪( ´θ`)ノ

千葉市美術館 田中一村展

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

現在、千葉市美術館で開催中の「田中一村展」へ行ってきました。日曜美術館で紹介された直後だっただけに、結構混んでいました。このご時世、入口での検温と消毒は必須ですね。
田中一村(1908-1977)は、千葉市に20年住み、50代になって奄美大島に移住し亜熱帯の花鳥や風土を題材にした独特の日本画を描くも、生前それらの作品を公表する機会もほとんどなく、ひっそりと没しました。

さて、私がこの「孤高の画家」を知ったのは20代の頃。たまたま入った新宿三越美術館(もうありません)で彼の展覧会を見たのがきっかけ。日本画と言えばシットリと花鳥風月を描くものだと思い込んでいましたが、この人の作風はまさに熱帯の「熱」を感じさせます。アンリ・ルソーの熱帯の絵を連想させる作品が特にいいなと思います。

展示数も多く、彫刻家の父とのコラボ作品もあり、見応えがありました。特に「神童」と言われた幼年期の作品は素晴らしく、早熟の天才という印象です。あえて貧乏の中、黙々と絵を描き続けた画家の生涯に感動するとともに、作家の業を感じました。

今日のガラス教室

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

木曜日のIさん、Tさんはガラスキャストのオブジェのようなお皿を製作しています。今日は粘土抜きも終わり色決めをしました。うちの工房ではガラスキャストには三徳ガラスの材料を使っています。特に古代色が綺麗なのでオススメ。ただ、残念なことに黄色・赤が無いんですね。ガラスで黄色と赤色を出すのが難しいのは知っていますが、生産して欲しいところです。

ガラス「箸置き体験」

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

フレッシュなカップルが体験へお越しくださり、かわいいガラスの箸置きが焼き上がりました♪
1人2個ずつの箸置きを作る体験です。お花と植物イメージの箸置きをを作ったのは男性。青い丸と四角いパーツを作ったのは女性です。食卓に彩を添える素敵な箸置き。ぜひご自宅でつかてください!
ガラス工房ではしっかりとコロナ対策をしていますのでお気軽にお越しください。

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(3)

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

オーダーメイド表札ならではのガラスの戦闘機表札を製作しています。

現在、F4EJの機体を作っています。形が複雑なのでガラスで作るにはかなり難易度が高く、苦戦中です(汗)

パーツ一つ作るのにも、工房にある機械を使いアノ手コノ手で格闘しています。

ダリアの花入〜窯入れ〜

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

ガラス教室Mさんのダリアの花入をこれから窯入れします。花びらの一枚一枚のエッジは残したいので、最高温度は少し低めに設定します。下に敷いた透明ガラスは表面に凹凸がついているので光を透かすとキラキラと輝きます。早く焼き上がりが見たいです。

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(2)

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

引き続き、戦闘機のガラス表札を製作しています。F4EJの機体は2層目まで終わり、今日からF15Jの機体に取り掛かります。こちらの形もガラスカットに時間がかかりそう。ハサミで切れたら楽なんだけどなぁ。。。

でもお客様に喜んでいただけるよう頑張ります!

ガラスダリアのお花入れ

熊谷の各務ガラス工房(教室・体験)

〜ガラス教室Mさん作品のご紹介〜

現在ガラスフュージングでダリアをモチーフにしたお花入を製作しています。

ダリアの花びらになるガラスを一つずつ丹念にカット。赤・紫・を中心に緑色や水色・透明ガラスを織り混ぜてています。光にかざすとどんな色になるのかしら?今から焼き上がりが楽しみです。

F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札(1)

熊谷の各務ガラス工房(表札・パネル)

現在、F4EJ改とF15J戦闘機のガラス表札を製作しています。
戦闘機の大ファンというご夫婦よりオーダーガラス表札のご注文をいただきました。
しかし細かい形状がわからず、YouTubeや画像検索で戦闘機を見続ける日々。。。
まずはF4からスタートしましたが、形が複雑なのでガラスが割れたり欠けたりと、なかなか手強い相手です(苦笑)